CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< モブログ用アドレスを公開しました | main | ふたりの大関 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
西の旅、vol.2で「湯」涼み


緑の題字が涼やか。
僕の周りで人気の旅本「西の旅」の第2号目が現在書店に平積みされている。



創刊号のパワーを維持しながらの編集には今後の出版にも期待ができそうだ。特集の「関門海峡、夏景色」森と山の「湯」涼み。タイトルでこんな文字アソビもゆるせてしまえるのがこの雑誌のもつチカラ、魅力だ。

「湯原から30分、勝山で暖簾をくぐる」この特集はおもしろかった。時間をとってぜひ出かけてみたい気分になった。「西日本バー名鑑」では金沢・ひがし茶屋街にある「照葉(てりは)」を見つけた。偶然暖簾をくぐったこの店の女将は僕を見るなり「あ〜、きょう三度目!」。「???」。 僕は彼女と顔を合わすのははじめてだった。というのも、金沢のある日の午後、バス停で、とあるカフェで、そしてここ「照葉」でと、三度に渡って彼女は僕と会うこととなったのだ。僕は目撃されていた。4年前、夏の終わり。それは偶然のできごとだった。あの夏の蝉時雨がなつかしいなぁ。

旅の途中にふらっと寄るにふさわしいお店です。それも、ひとりで。金沢へは京都から列車で、という手もある…。
| Magazine | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dorado.jugem.cc/trackback/167
トラックバック
久しぶりの金沢ひがし茶屋街「照葉」は冬の寒さで凛とした雰囲気
いや〜、グルメブログをやっていると、どうしても新しいお店に目を向けがちになるが、
| あさぴーのおいしい独り言 | 2006/02/04 8:15 AM |